scrap-style

- swg log 018 -

2005/10/02
アーキテクト修行が続いております。
まとめてハーベスター設置してあったのに, リアルで 2泊出張してる間にリソースが枯渇して全然溜まってなかったりと, あまり順調とは言えないんですが, それでもツリー半分が埋まりました。
ただスキル上げのリソースは品質無視で集めてるので, マスター取得した後で, 組み立てに使う品質の高いリソースをどうするかが問題といえば問題です。

ところで, ハーベスターを設置してリソース採集を行っているため, 溜まっていたリソースを一回ハーベスターから回収してしまうと, 次にリソースが溜まるまではヒマになるわけです。 休みの日なんかは朝リソースを回収して次の日まで放置するわけですが, 回収したリソースを使い切るとヒマになると。
何かすることは無いかと考えた結果, 暫くほったらかしにしていたパイロットスキルを上げるべー, ということになりトレーナーのもとへ。 今まではデューティーミッションで経験値を稼いでいたのですが, パイロット 3段目ではどうやらトレーナからのミッションをこなせば, 無条件で 1個スキルが上げられる様子。 しかし 2個までは順調に上げられたのですが, 3個目で撃墜目標にガンボートが出現しまして, 何回か挑んだのですがことごとく撃墜されました。
以前の YT-1300といい今回といいどうも多数砲塔タイプの船には弱い私。 かといって現状では全く勝てる気がしないので, シールドをリバースエンジニアリングされた高級品に変えてみたものの, 生きてる時間が若干延びただけで結果は変わらず。

これ以上のミッション遂行は不可能と判断して, ウーキーの咆哮で追加された宇宙での採掘にチャレンジすることに。
長い前振りだ。

まずは採掘するための装備を探すところからです。 必要な装備としてはアステロイドを削るための採掘レーザー, そして掘り出した塊を入れておく貨物庫です。 しかしターミナルを検索しても誰も販売されていない模様。 仕方ないのでキャッシークまで出向き, クエストを受けて入手することにしました。
クエストの細かい内容は省略しますが, スキル 3段目に突入しているパイロットなら余裕でしょう。 クエストをある程度進めると大型貨物庫が貰えて, 先に貰える小型貨物庫に対して容量が倍になりますので, そこら辺まではやっておくと吉かと。 更にクエストを進めればトラクタービームも貰えるようですが, 私の場合は今乗っているデューンリザードが武器 2門しか積めず, 通常武器も装備しておきたいためそこまでは進めませんでした。
無事に採掘装備一式を入手したら早速船に取り付けて, 炭素と石油のアステロイドを探しに宇宙へ。 これは宇宙材料でつくるアイテムとしては, ビークル修理ツールが一番お手軽そうなためです。 結論から言うと炭素アステロイドはナブー宙域に, 石油アステロイドはヤヴィンIV宙域にありました。

大きなアステロイドに採掘レーザーをしばらく打ち込んでいると, アステロイドから大き目の破片が 1個出現します。 ちなみにこの段階で敵が出現する可能性がある模様。 敵機は Tier 1から 3を確認してますが, どれが出現するかは宙域で決まるかランダムでしょう。
さて今度はその破片に採掘レーザーを何発か打ち込むと, さらに小さな破片数個に分裂します。 トラクタービームがあればこの段階で破片を引き寄せることで, 貨物庫に取り込むことができるらしいのですが, トラクタービームは入手していないため, さらに破片に採掘レーザーを打ち込みます。 すると破片が砕けて消滅し, 同時に貨物庫にリソースがちょっと溜まります。 なおこの時に低確率でアステロイド岩塊が手に入るようです。 アステロイド岩塊は説明に 「クラフトに使えそう」 と書いてあることから, 何か作るときに使うんでしょうけど詳細は不明。

ビークル修理ツール 1個につきそれぞれが 750ユニット必要となるため, 貨物庫の容量(1000)がいっぱいになるまで, ひたすらアステロイド掘削作業を続けます。 採掘レーザーを強化すればもう少し効率は上がるんでしょうけど。
しかし採掘レーザーとトラクタービーム, それに護身用の武器を積むことを考えると 通常使用とは別に採掘専用に船を組み立てたほうがいいんではないかと。 本気で採掘を続ける気が有るのならって条件付きですが。

今回のところはそれぞれ 1000ユニット掘って, ビークル修理ツールを組み立てたところで終了。 修理ツールの実験台になってくれる人募集中。

アステロイド系リソースって売ってるところ余り見ないんだけど, その理由がちょっと分かった気がします。 めんどくさいよこれ。
まとまった量を確保すれば商売になるかなあ。